スッキリ暮らす達人!収納のプロが実践している4つの方法

みなさん、こんにちは。
QUALie編集部(@MediaQualie)です。

「スッキリ片付いた家で暮らしたいけれど、現実は床やテーブルにモノが置きっぱなし。収納のプロはどうやってキレイをキープしているの?」と気になる人は多いのではないでしょうか?

今回は、スッキリ暮らすために収納のプロが実践している4つの方法をご紹介します。

収納のプロが実践している4つの方法①暮らしに寄り添った収納

暮らしと収納を結び付けてみましょう

収納のプロが実践している1つ目の方法は、暮らしに寄り添っているかを意識することです。

「収納」と聞くと、同じ色や形のアイテムを揃えたり、生活感がでないよう引き出しにしまったりと、見た目を優先しがちですが、スッキリした状態を保ちたいなら、家族がストレスなく使えることを重視しましょう。

そのためには、使う場所の近くにしまうのがおすすめ!
家族の動きやクセ、特徴などをよく観察して、使いやすい置き場所を考えるのです。

たとえば、子供がリビングで絵を描くならテレビボードに色鉛筆を収納したり、バッグが床に置きっぱなしになりがちならフックに吊すようにしたりなど、暮らし方と収納を結びつけるのがポイント!

あれもこれも出しっぱなしで家がぐちゃぐちゃ、という状態がなくなりますよ。

収納のプロが実践している4つの方法②モノを取り出す・戻すのアクションは短くする

収納のプロが実践している2つ目の方法は、モノを取り出す・戻すのアクションは短くすることです。

ワンアクションで出し入れできれば、片付けるのが億劫にならず、習慣化しやすいというメリットがあります!

使いたいものが遠くにあったり、アクションが多かったりすると面倒さから、床やソファーに置きっぱなしになりがちになりませんか?またモノが積み重なっていると、取り出すときに上にあるモノを持ち上げる必要があります。その結果、もとの場所に片付けるのが面倒になり、散らかる・片付かない原因に繋がるのです。

そこで、使用頻度の高いものは出しっぱなしにしておくのがおすすめ!
手に取りやすく、片付けるのも簡単です。スタンド式の掃除機やダスターといった実用品は、置いているだけでも絵になるデザインを選ぶと、家事のモチベーションがアップするという嬉しい効果も。

収納のプロが実践している4つの方法③モノを家に入れるときは、よく考える 

モノを家に入れるときは、よく考える 

収納のプロが実践している3つ目の方法は、モノを家に入れる際によく考えることです。

迷ったらすぐに買わず「本当に必要かな?代用できるものがないかな?」と、考える時間をもちましょう。

今はスマホがあれば、時間や場所を選ばずショッピングが楽しめたり、100円ショップなど安い価格で気軽に買えたりと、モノが増えがち。しかし、家がモノで溢れてしまうと、管理に手間と時間が掛かってしまいます。

何でもかんでも購入しないためには、モノを選ぶ基準をもつことが大切です。
「SNSでお洒落なフォロワーさんが使っていたから」と他人に憧れて購入する気持ちも解りますが、自分にとって必要かどうかを見極めましょう。

また欲しいものがあるときは、在庫をチェックして紙に書き出してみるのもおすすめです。家にあるモノをしっかり把握しておけば「持っているのに買ってしまった。」という失敗を防げますよ。

収納のプロが実践している4つの方法④「仮置き」から暮らしに応じて変化させる 

収納のプロが実践している4つ目の方法は、「仮置き」から暮らしに応じて変化させることです。

「仮置き」とは、すぐに収納アイテムを買わず、家にあるもので代用すること。
仮置きで、置き場所やサイズ感、使い心地を確認しましょう。収納グッズを買ったけれど使い辛くて、もう一度買い直すといったリスクを減らせます。

仮置き収納に便利なアイテム

それでは、仮置きに使えるアイテムをご紹介しましょう。

1.紙袋

サイズが豊富な紙袋。仮置きしたい場所の幅や高さに、合わせやすいのが魅力です。仕切りとして衣類を収納したり、キッチンで根菜類をまとめるのに使ったりと色々な場所で活用できます。ざっくりしまうのか、細かく分類して収納するのかなど、色々なパターンを試せて便利です。

2.段ボール・空き箱 

紙袋より丈夫な、段ボール・空き箱。重たいモノの仕切りや、CDラックなどの仮置きにぴったりです。

「収納アイテムを買うまでのお試し期間でも、見た目にこだわりたい」という人は、100円ショップでも気軽に購入できるリメイクシートを貼るのがおすすめです。「どんなデザインの収納グッズならインテリアに合うかな?」と、イメージできます。

3.突っ張り棒

食器棚の棚板を追加したいとき、計測するだけでは実際に入る量まではイメージしにくいものです。そこでおすすめなのが突っ張り棒です。高さやどれくらい収められるかまで把握できれば、棚板の購入もスムーズですね。

まとめ 

今回は、収納のプロが実践している4つの方法をご紹介しました。

収納に正解はありませんが、家族にとってストレスなく使えることが大切です。子供の成長などライフスタイルに合わせて、柔軟に変化させましょう。

また収納アイテムの購入は急がず、本当に必要かを吟味したり、仮置き期間を設けたりして、どんなグッズを買おうかイメージする時間も楽しんでくださいね。

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

この記事を書いた人

QUALie暮らしの編集室

QUALie暮らしの編集室では、スタイルある暮らしの情報をお届けしています。