【梅雨前のお掃除】気持ちよく過ごす、サラサラ床掃除のポイントと方法をご紹介

みなさん、こんにちは。
QUALie編集部(@MediaQualie)です。

6月に入り、まもなく梅雨のシーズンがやってきます。
すでに気温と共に湿度の高い日が続いていますが、床面のベタつきが気になりませんか?

ベタつきのある床は不快に感じるので梅雨時期を迎える前に、サラサラ床掃除をしましょう。
前回は【梅雨前のお掃除】シリーズ第1回目として、冷蔵庫の嫌なニオイを予防するお掃除方法をご紹介しました。
今回の第2回目は梅雨の時期、気になる床のベタつきを解消し、サラサラ床掃除のポイントと方法をご紹介します。

前回の記事はこちら

フローリングやカーペットラグは、無水エタノールでベタつき解消

無水エタノール
掃除には、無水エタノールを使いましょう。

梅雨の時期、不快に感じるのは床のベタつきですね。
ベタつきの原因は湿気だけでなく、足裏の皮脂や食べこぼしによる油分の付着です。

フローリングやカーペットラグに付着した油分汚れと湿気、気温上昇によって目に見えない汚れやカビが発生してしまうことがあります。

そんなときは、ベタつきの原因に効果のある無水エタノールスプレー、またはアルコールスプレーで掃除してみましょう。素足で歩いてもサラサラな気持ちいい床になります。

また除菌用エタノールと無水エタノールがありますが、必ず「無水エタノール」を使用しましょう。

床掃除で用意するもの

・掃除機
・無水エタノールスプレー(またはアルコールスプレー)
・毛足の長い刷毛など
・雑巾
・フローリングモップ

事前準備と注意点

・床が乾きやすいよう、なるべく晴れた日に行いましょう
・火気厳禁
・換気をしながら行いましょう

お掃除方法

カーペットラグ

1.掃除機でカーペットラグの上面・下面・床面の順に、ゆっくり一方向にノズルを動かしながら毛髪・ホコリを吸い取ります。

2.カーペットに付着した皮脂や汗・食べ物汚れをエタノールを染み込ませた雑巾で拭き取ります。特にカーペット裏側やカーペット下の床面はカビが発生しやすいので念入りに拭き取りましょう。

3.カーペットの表面は、エタノールを全体に散布し、15分置いたあと乾いた雑巾で水分を拭き取ってください。外に干せるようでしたら、天日干しをするのがお勧めです。

フローリング

毛足の長い刷毛は 掃除の必須アイテム
毛足の長い刷毛は掃除の必須アイテム

1.室内の幅木に付着しているホコリを毛足の長い刷毛で手早く掻き出します。掃除機で吸い込みにくい四隅の細かいホコリも刷毛で掻き出しましょう。隅々まで掃除機がけをしてホコリを吸い取りましょう。

2.薄めた無水エタノールをスプレーしながらフローリングモップでフローリングの拭き掃除をしましょう。このとき、フローリングモップの動かし方も一方向で進んでから「コの字」を描くようにして進むを繰り返します。

まとめ

汚れやすい床は、普段からこまめな掃除機がけなど、お掃除をしましょう。

さらに本格的な梅雨シーズンは、常に湿度が高くなるので除湿器や冷房の「ドライ」機能を活用することでベタつきの予防になるのでオススメです。

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらの記事もご覧ください。

こちらの記事に関連するお役立ちアイテム

家事のアウトソースは、暮らしの質を保つための知恵
暮らしのお手伝い|家事代行サービススタッフ募集中

この記事を書いた人

QUALie暮らしの編集室

QUALie暮らしの編集室では、スタイルある暮らしの情報をお届けしています。