使用した布マスクのオススメ洗濯方法とNGな洗い方

みなさん、こんにちは。
QUALie編集部(@MediaQualie)です。

新型コロナウイルスが徐々に拡大してから、使い捨てのマスク不足で手作りマスクの方も増えてまいりました。また先日、国が全ての世帯に2枚の布マスクを配布すると発表しましたね。これまで私たちの生活では使い捨てのマスクが主流でしたが、布マスクは繰り返し使えるのでエコですし、今後は布マスクが主流になりそうですね。

しかし、布マスクは正しく洗わないと感染リスクを高めてしまうこともあります。使い捨てマスクに慣れている私たちは、布マスクの正しい洗濯方法を知らないという方も多いかと思います。今回は、使用後の布マスク洗濯方法をお伝えします!

布マスクを洗うときに必要なもの

マスクを洗うときはゴム手袋
  • 衣類用洗濯洗剤
  • 塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)
  • ゴム手袋
  • 蓋付きのバケツなどの容器
  • 清潔なタオル

さっそく布マスクを洗ってみましょう

布マスクの干しかた
  1. バケツに水を溜めて、衣類用洗濯洗剤を溶かします。
  2. マスクをバケツに入れて優しく洗い、そのまま10分程度、浸しておきます。
  3. バケツに新しい水を流しながら、マスクをよく濯ぎ洗いして洗剤分を流します。
  4. さらにバケツに水を溜めて、ハイターなどの塩素系漂白剤を溶かして、マスクを10分程度、つけ置きしておきます。
  5. 水を流しながら、繊維に塩素系漂白剤が残らないようマスクをしっかり濯ぎます。
  6. 清潔で少し厚みのあるタオルにマスクを挟み、優しく両掌で水分を吸い取るように挟みます。
  7. 形を整えて陰干しにします。

布マスクを長く大切に使うためのNGな洗い方

  • 強くもみ洗いをしてしまうと、繊維を傷めてしまうので優しく手洗いをしましょう
  • 煮沸洗いも繊維が縮んでしまうので、水道水で洗いましょう
  • 洗濯乾燥機で乾燥させると縮みの原因になるので、陰干しで自然乾燥しましょう
  • 塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)は濃すぎないように用量を守りましょう

布マスクは何枚用意したらいい?

布マスクを作ろう

今は、布マスクも不足している状況で手に入りにくいのですが、手作りなどでスペアを用意しておくことをオススメします。その場合、だいたい何枚くらい常備しておくといいか迷うところです。

(正しい答えはないと思いますが)
使う→洗う→干す→乾かすを一つのサイクルで考えると、最低でもひとり3枚くらいあると安心ですね。

まとめ

適切で正しい方法で、布マスクを清潔に保って、
ウイルスから身を守るとともに、人に感染させないよう、みんなで気をつけていきましょうね。

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらの記事に関連するお役立ちアイテム

この記事を書いた人

QUALie暮らしの編集室

スタイルある暮らしの情報をお届けします!