大掃除はスケジュールを立てて計画的に!効率的に終わらせるコツと掃除方法

QUALie編集部(@MediaQualie)です。
早いもので、もうすぐ12月。そろそろ年末を意識し始める時期ですね。

そこで気になるのが大掃除。
「余裕をもって効率的に終わらせたいけれど、どこから手をつければいいのか分からない。」という人は多いのではないでしょうか?

今回は、大掃除のコツと掃除方法をご紹介します。

大掃除の前にスケジュールを立てる

大掃除をはじめる前に、まずはスケジュールを立てましょう。
するべきことを整理できるので、効率的に作業に取りかかることができます。それでは、大掃除スケジュールを順序立ててご説明しますね。

大掃除のスケジュール①不用品の処分

大掃除で最優先するのは、不用品の処分です。

モノがたくさんある状態だと、作業する際にモノを移動しなくてはなりません。そういった時間を省き、段取りよく進めるために、まず先に不用品を片付けておきましょう。

また、年末のゴミ収集日をチェックすることも大切です。
使い切っていないスプレー缶や、壊れた家電製品などの処分方法をあらかじめ確認することで、大掃除後にゴミで部屋が散らかるのを防ぐことができます。

大掃除のスケジュール②掃除場所・順番の確認

不用品を処分したら、掃除場所と順番を確認しましょう!
家中の全てを掃除しよう思うと、気が重くなってしまいます。

あまり完璧を求めすぎず「ここだけは年内にキレイにしておきたい!」など、優先順位を決めて掃除箇所を絞りましょう。

また、放置系洗剤を使うところを把握しておくのもポイント。

洗剤を塗布(散布)してから放置している間に、他箇所を掃除をすれば時間を有効に使えます。

洗剤と汚れが馴染んで落ちやすくなる=手間がかからないというメリットがあります。但し、長時間放置しておくと材質を傷めてしまうこともあるのでタイマーなどを使用して時間を厳守してくださいね。

基本的な掃除の3つのポイント

順番を決める前に、基本的な掃除の3つのポイントをおさえましょう。

  • 水回りは一番手間のかかる箇所なので、先に取りかかる。
    ただし、雑巾を濯いだりして頻度の高い洗面所は一番最後に掃除しましょう。
  • 床掃除の二度手間を防ぐために、ホコリ取り(ダスティング)は、エアコンや照明、天井など高いところから行いましょう。
  • 同じところを何度も汚すのを防ぐために、掃除をする箇所の順番を決めましょう。「玄関より遠い部屋から順番に掃除する」などのルールを決めておくことをオススメします。

基本的な掃除の順番

基本的な掃除のポイントを踏まえたうえで、順番を決めます。紙やスマホにメモしておくのもおすすめです。
あくまで基本的な順番ですので、予定や体調に合わせて多少アレンジしてもOKです。

キッチンの大掃除

油汚れには、重曹・セスキ炭酸ソーダのアルカリ洗剤を使用しましょう!

お風呂・洗面所の大掃除

皮脂汚れには、アルカリ洗剤。水垢には、酸性洗剤を使用。ただし、混ぜないよう注意!

トイレの大掃除

尿汚れや臭いには、クエン酸水などの酸性洗剤を使用しましょう。

リビング・寝室の大掃除

住居用の弱アルカリ性の洗剤を使用しましょう。軽い汚れには中性洗剤でも!

玄関の大掃除

重曹スプレーで、下駄箱の臭いを一掃しましょう。

大掃除のスケジュール③道具の準備

大掃除をする箇所の順番が決まったら、必要な道具を準備しましょう。大掃除を始める前に用意しておけば、途中で足りないものを買い出しに行かずに済むので、スムーズに作業することができます。

用意してあると便利な掃除道具

大掃除のときに用意してあると効率的で便利な掃除道具の一例をご紹介します。
何かと使用頻度の多いスポンジと雑巾は、多めに用意しておきましょう。雑巾は、不要になったタオルやTシャツを小さくカットして使い捨てクロスとしてもいいですね。綿100%でしたら、やわらかく吸水性も抜群です!

また洗剤を入れるスプレーボトルは、どんな洗剤が入っているかラベリングをして誤った使い方をしないよう注意しましょう。

  • アルカリ洗剤
    重曹・セスキ炭酸ソーダなど
  • 酸性洗剤
    クエン酸など
  • 漂白洗剤剤
    酸素系・塩素系など
  • クレンザー
    クリームクレンザーなど
  • スポンジ
  • メラミンスポンジ
  • 各スプレーボトル
  • ゴム手袋
  • 雑巾、マイクロファイバータオル
  • ウェットタイプのフロアワイパー

こちらの記事もおすすめ!

場所別:大掃除方法と便利アイテム 

キッチン 

キッチンは、日頃からお手入れしていても汚れが溜まりやすい場所です。大掃除では普段なかなか手をつけられない、換気扇やコンロなどを優先してキレイにしましょう。

キッチン換気扇

換気扇の汚れは、主に調理のときに生じる油やホコリ。
放っておくと汚れが固まって落としにくくなることや、雑菌の繁殖にもつながるので大掃除でピカピカにしましょう。

換気扇のフィルターとファンは、とくに油汚れが気になる箇所です。
45Lのゴミ袋にアルカリ性洗剤を溶かしたお湯を入れて、30分~1時間ほど漬け置きして落としましょう。お湯と洗剤の効果で、汚れが軟らかくなるので、その後の汚れが落としやすくなります。

アルカリ性洗剤の代わりに、重曹やセスキ炭酸ソーダを使ってもOKです。また、ゴミ袋を使用することでシンクに汚れが付着することが防げます。

*使用後はゴミ袋の端っこを切って、そのまま排水溝に汚水を流すことができますので後片付けがラクです!

掃除後は、貼り付けるタイプの不織布換気扇フィルターを設置しておくと、日常のお手入れもラクになります。

キッチンコンロ・五徳

キッチンコンロや五徳の頑固な汚れには、重曹とぬるま湯を使って汚れを落とします。

洗剤を混ぜて溶かしたお湯の中に漬け置きすれば、汚れが軟らかくなって手間なくキレイにすることができます。

こびり付いた焦げ付き汚れが落ちない場合は、煮洗いもオススメです。

お湯にセスキ炭酸ソーダを入れて、沸騰したお湯のなかに五徳を入れて、そのまま弱火で煮ると漬け置きよりも早く汚れを落とすことができるので時短になります。火傷しないよう注意してくださいね。

こちらの記事もおすすめ!

キッチンシンク

キッチンシンクは、側面に付着した水垢や石鹸カス、排水口のヌメリが気になる箇所です。

排水溝を塞いでから、シンクにお湯を貯めてオキシクリーン(酸素系漂白剤)を溶かして、丸ごと漬けるのがオススメです。一緒に食器や鍋、水切りカゴなども入れれば、一度にスッキリ。仕上げにキッチン用アルコール除菌スプレーを吹きかけて完了です。

浴室 

キッチンと同じく、掃除する箇所が多い浴室。

普段は忙しくて、時間をかけてお手入れできてないと感じる、頑固な黒カビや換気扇、水垢などの汚れも大掃除を機会にキレイにしてしまいましょう。

浴室掃除での際に注意すること

浴室掃除に使用する洗剤は「まぜるな危険」との表記があるように、洗剤の組み合わせに十分な注意が必要です。

例えば、カビ汚れを落とすアルカリ性の塩素系漂白剤と、石鹸カスや水垢を落とすクエン酸などの酸性洗剤。このアルカリ性と酸性が混ざると有毒ガスを発生させてしまう危険があります。

混ざってしまうような同時使用は必ず避けてください。

性質の異なる汚れを落とすときは、まずアルカリ性の洗剤を使用してから水でよく洗剤を洗い流し、その後に酸性洗剤を使用するようにしてください。

併せて、洗剤ボトルに記載してある「液性」や「注意事項」をよく読んでから、使用してくださいね。

黒カビ・赤カビなどのカビ汚れ

浴室にある黒っぽい汚れやピンクっぽい汚れを見かけるかと思います。それらの汚れは、カビは菌による汚れです。

カビ汚れは、塩素系漂白剤でカビの根元からスッキリ落とせます!

仕上げに熱いお湯をかければ、よりカビを撃退できるので、熱めのシャワーをかけてから、よく換気乾燥して仕上げましょう。

鏡や混合水栓の水垢

鏡についた白いウロコのような水垢。
水垢は硬化すると落としにくくなり、無理に落とすと素材を傷つけてしまいます。クエン酸などの酸性洗剤で汚れを軟らかくすると、驚くほど簡単に落とすことができます。

水垢のお掃除方法法は、クエン酸などの酸性洗剤スプレーを汚れに散布し、キッチンペーパーとラップで湿布パックします。一定時間放置してから、スポンジで擦ると水垢が落ちてピカピカになります。また、クエン酸がないときは、レモンやお酢でも代用することができます。

浴室換気扇

浴室換気扇は、入浴の際に生じる湿気と一緒にホコリも吸い上げます。

そのため、浴室換気扇のフィルターはホコリと湿気で思っている以上に、目詰まりして汚れています。但し、油分による汚れではないので、ポイントをおさえれば、お手入れはとても簡単です!

普段の掃除では、浴室用洗剤(主に中性)でお手入れできますが、大掃除では「オキシクリーン」などの酸素系漂白剤をお湯に溶かして漬け置きし、フィルターに目詰まりしたホコリ汚れをブラッシングしながら水洗いすれば汚れがキレイに落ちます。

トイレ 

日常のトイレ掃除では落とせない頑固な尿石。

クエン酸を水に溶かし、スプレーボトルに入れておくと便利です。

便座裏や便器のフチなど、汚れが気になる場所にスプレーし、上からトイレットペーパーで湿布パックします。30分ほど放置したあと、貼りつけていたトイレットペーパーで拭きとれば完了です。

クエン酸は汚れを落とすだけでなく、雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

トイレ掃除の際に注意すること

クエン酸は酸性のため、しっかり洗い流さないとサビの原因につながります。酸性洗剤を使用した後は、しっかり濯ぎ拭きをしましょう。

こちらの記事もおすすめ!

リビング・寝室

室内の床は、日常的に掃除機やモップがけをしていることかと思います。
しかし、幅木の部分や壁などは手付かずの箇所ではないでしょうか?壁には、面の広いブラシを、幅木には手の平サイズのブラシと使い分けると効率的に掃除ができます。

照明器具 

照明器具は、積もったホコリが気になりますね。
また、キッチンに隣接したダイニングやリビングルームなどは、空気中に漂った油分などで混合した汚れが付着していることも。

照明器具などホコリが気になるときは、まずハンディーワイパーなどでホコリを取り除きましょう。細かい箇所は、軍手で撫でるように拭くとキレイになります。

いきなりホコリ汚れに水拭きなどで水分を与えてしまうと、ホコリがこびり付いて落とすのが大変になってしまいます。必ず、乾いたものでホコリから取り除くということを覚えておいてください。

また、油分を含んだホコリ汚れには、ホコリを取り除いたあとに「住居用洗剤」などの弱アルカリ性の洗剤を使ってくださいね。その流れで、電気のスイッチパネルや室内インターフォンなどもスッキリ拭いてしまいましょう!

窓ガラス・サッシ

内側の窓ガラスの掃除には、室内で発生した油分などが付着している場合があります。そのようなときは、ガラスクリーナーを使用します。逆に外側(屋外)の窓ガラスの汚れは、主に砂ホコリなど油分の含まない汚れなので水拭きのみでも大丈夫です。

網戸に目詰まりした汚れがある場合は、網戸用ワイパーや車体用ブラシがおすすめです。
乾いた状態で目詰まりした汚れを掻き出すようにしてから、水洗いをしましょう。サッシ部分の汚れは、小さなブラシで掃き掃除をしながら、掃除機で吸い取ると時短になります。

こちらの記事もおすすめ!

玄関

大掃除の仕上げは、玄関です!
面倒でも下駄箱の中や、たたきにだしているモノを全て除いてから始めましょう。

下駄箱

下駄箱の中にある靴を全て取り出し、棚板に溜まった砂やホコリをハンドサイズのホウキや掃除機で取り除きます。その後、重曹水または、中性洗剤で下駄箱の中や天板、棚板を拭いたあと、よく乾かしてから完了です。よく乾燥をしないと湿気でカビが発生することもあるので注意してくださいね。

悪臭防止として、竹炭や重曹を隅に置いておくこともオススメします。

玄関のたたき

玄関のたたきは、まずホウキと掃除機で大まかに汚れを取り除きます。下駄箱掃除の流れでやってしまうと効率的です。その後、重曹水を含ませて固く絞った雑巾で隅々まで拭き掃除です。ただし重曹は、黒ずみや傷みの原因になるため、木製やアルミ製の材質への使用は控えましょう。

ドアノブ・手すりなどの玄関まわり

玄関のドアノブや、手すり、インターフォン、ポストの汚れには、重曹水を含ませた雑巾で拭きます。仕上げには、アルコールスプレーを吹きかけて、除菌したら完了です。玄関が綺麗になると、気持ちがいいですね!

まとめ

今回は、年末に向けての大掃除のコツをご紹介しました。

エアコンの内部や浴槽のエプロン内側といった家庭掃除では大変な箇所もあるかと思います。そんなときは、清掃業者さんにアウトソースするのも方法の一つです。清掃業者さんは、これから繁忙期になるので、予約は早めにしましょう!

また大掃除は、いっきにやろうとすると気が滅入って「まぁ、いいか」と、やらず仕舞いになってしまうことも。無理のない範囲で少しずつ取り組むことが大切です。

スケジュールを立てて計画的に進めて、余裕をもって年末年始お迎えください!

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

この記事を書いた人

QUALie暮らしの編集室

QUALie暮らしの編集室では、スタイルある暮らしの情報をお届けしています。