無水エタノールと消毒用エタノール?お掃除に使える無水エタノールの万能な使い方

みなさん、こんにちは。
QUALie編集部(@MediaQualie)です。

前回、床の不快なベタつきには、無水エタノールがオススメとご紹介したのですが、実は無水エタノールって万能に使えるお掃除アイテムなのです。今回は、多用途かつ万能に使える無水エタノールを使った家中スッキリ掃除活用方法をご紹介します。

前回の記事はこちら

無水エタノールと消毒用エタノール、どう違うの?

無水エタノール?消毒用エタノール?どう違うの?
エタノールの違いに戸惑う方もいらっしゃるかと思いますが、違いはアルコール濃度です。
では、さっそく無水エタノールと消毒用アルコールの違いをご説明します!

無水エタノール

無水エタノールは、アルコール濃度99.5%以上で水分をほぼ含んでいない純度の高いエタノールです。アルコール濃度が高いので、洗浄力と揮発性が高いという特性があります。しかし、菌を除去する前に蒸発してしまうため、殺菌消毒や消臭には向いていません。

消毒用エタノール

消毒用エタノールは、アルコール濃度76.9〜81.4%で、無水エタノールよりはアルコール濃度が低く、蒸発するまでの間、その場に留まりアルコールの消毒効果を発揮します。

無水エタノールを精製水で薄める事で作ることが可能です。

万能すぎる無水エタノールはどんな掃除に適してる?

無水エタノールは、水分をほぼ含まず揮発性が高いため、電子機器など水拭きができない物の掃除に最も適しています。また、水と油になじみやすい性質をもっており、キッチン周りの油汚れや皮脂汚れなど油分を含む汚れ落としにピッタリです。

無水エタノールと水に含まれるミネラルや細菌を除去・除菌をした精製水を8対2の割合で薄めることで、消毒用エタノールとして使用可能なため、水回りのカビの除去・雑菌によるニオイの消臭もできます。それでは、さっそく掃除に使ってみましょう!

掃除に必要な用具

・無水エタノール
・精製水もしくは、水
・スプレー容器(2本)
・清潔な布巾、雑巾
・綿棒
・ゴム手袋
・メラニンスポンジ(黒カビの跡を落とす場合)

無水エタノールの掃除

無水エタノールの状態では消毒やカビの除去の効果はないので、カビやしつこい油汚れ用に消毒用エタノールを作り、スプレーボトルへ入れておきましょう。

消毒用エタノールを100ml作る場合、無水エタノール80mlと精製水20mlを混ぜ合わせるだけ!精製水が無い場合には、水道水での代用も可能です。

1.パソコンやスマートフォン、水拭き厳禁な電化製品の拭き掃除

無水エタノールで家電掃除
乾いた清潔な布巾を使用しましょう。

パソコンのキーボードやスマートフォンの画面、家電製品のリモコンなどは手の皮脂汚れが付着します。ただ、電子機器は水拭き厳禁ですので、そんなときは無水エタノールでさっぱりと汚れを落としましょう。

乾いた布巾に無水エタノールを含ませて拭き掃除をします。細かい部分は、綿棒に無水エタノールをしみこませたもので汚れを掻き出します。

2.スイッチパネルやドアノブの拭き掃除

室内のスイッチパネルや玄関やお部屋のドアノブなど、気になる皮脂汚れにも無水エタノールが使えます。乾いた布に無水エタノールを含ませて、拭くだけでサッパリした手触りになります。

3.電子レンジや冷蔵庫などの家電製品の拭き掃除

電子レンジや冷蔵庫内は、食べ物の液ダレや油汚れで雑菌が繁殖してしまいます。消毒用エタノールを作り、汚れの除去と併せて雑菌やカビを取り除きましょう。乾いた布巾に消毒用エタノールを含ませて拭き掃除をします。パッキンや隅っこなどの細かい部分は、綿棒へ無水エタノールをしみこませたもので汚れを掻き出して拭き取ってください。

また、電化製品裏のコード部分は無水エタノールを布巾にしみこませ、汚れを拭き取りましょう。コード部分の拭き掃除を行う際は、電源を落としコンセントを外すことを忘れずにしてください。

4.キッチン周りのガスコンロや換気扇の軽い油汚れ

キッチン周りに付着したガスコンロや換気扇などの軽い油汚れにも無水エタノールは適しています。無水エタノールを乾いた雑巾へしみこませたもので拭き取りを行いましょう。エタノールは火気厳禁なので、コンロ周りを掃除する場合は、ガス栓を閉めておくと安心です。

油汚れがひどい場合は、予め弱アルカリ性の洗剤で汚れを落としておきましょう。

5.窓ガラスや鏡の拭き掃除

無水エタノールで窓掃除
無水エタノールでの窓ガラスや鏡の拭き掃除は拭き筋が残らず時短!

窓ガラスを水拭きすると「拭いた跡」が残ることがありませんか?

無水エタノールでの窓ガラス掃除は、揮発性が高いことから拭いた跡も残らず、時短になります。窓ガラスの汚れがひどい場合は予め水拭きをして、仕上げに窓ガラスに散布した無水エタノールを柔らかい布巾で拭き取るように掃除しましょう。

窓の掃除方法はこちらもご参照ください。

6.畳の掃除

無水エタノールで畳の拭き掃除
畳のお手入れは、目に沿ってお手入れしましょう。

湿気を吸収しやすい畳ですが、足裏の皮脂汚れや汗が付着しています。
特に、梅雨の時期はカビも発生してやすくなるので、消毒用エタノールで汚れとカビ予防のダブでお手入れしましょう。

まずは、掃除機の「弱」で全体的に畳のホコリを吸い取ります。消毒用エタノールを畳みに散布して、乾いた雑巾で汚れを手早く拭き取ります。もし、カビが発生している箇所があったら、使い古しの歯ブラシなどでカビを掻き出し、雑巾で拭き取ってから消毒用エタノールを散布してください。

また、押し入れやクローゼットなども消毒用アルコールを活用できます!

畳の掃除方法はこちらもご参照ください。

7.水回りのカビの除去

カビ汚れといえば、水回りに発生しやすいのですが、ここも消毒用エタノールで除去と予防ができます。カビが発生している部分に消毒用エタノールを散布しましょう。カビ汚れの上からサランラップで覆って湿布をするとさらに効果的です。

そのまま15分程度放置します。時間経過後、乾いた雑巾でカビを拭き取ましょう。
エタノールには漂白効果は無いので、黒カビの跡はメラニンスポンジで擦り落とすことがオススメです。

無水エタノールが適さない掃除と注意点

無水エタノールは油分を浮かせてしまう性質があるので、ワックスが施してある床やペンキ、ニスなどの塗装している家具は使用しないようご注意ください。他にも、PSという表示のあるポリスチレンやナイロン、革製品も変質させてしまうので使用を控えましょう。

また下記にある注意点を必ず守り、安全に使用を行ってくださいね。

・引火性が高いので、火を使用している近くでは使用しない。
・使用時は必ず換気をする。
・ゴム手袋を必ず着用し、肌に触れないようにする。
・長時間使用する場合はマスクを着用する。

万能な無水エタノール・消毒用エタノールを使って快適にお過ごしいただけたらと思います!
今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらの記事に関連するお役立ちアイテム

家事のアウトソースは、暮らしの質を保つための知恵
暮らしのお手伝い|家事代行サービススタッフ募集中

この記事を書いた人

QUALie暮らしの編集室

QUALie暮らしの編集室では、スタイルある暮らしの情報をお届けしています。